ころすけポーのクッキング・ノート


PROFILE
ころすけポー
  • Author:ころすけポー
  • 僕(ころすけポー)は料理を作ることが好きだったりします。

    最近はあまり作る機会は与えられていないけれど、中華なべをふるったりして料理を作ることは楽しいし、とってもクリエィティブな行為だと思うのです。
    そんな楽しいことを女の人だけにさせているなんてもったいない…とさえ思います。

  • RSS


  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    RECENT ENTRIES
  • バジリコ好き(11/22)
  • 白身魚の香味焼き (02/04)
  • カツカレーとビール(01/26)
  • ラーメン大好き、コイケさん(01/23)
  • イクラの醤油漬け (01/19)


  • RECENT COMMENTS
  • みんなのプロフィール
    (11/23)
  • mai(01/12)
  • 次郎三郎(12/29)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (9)
  • 2004年12月 (9)
  • 2004年08月 (1)


  • CATEGORY
  • はじめに (1)
  • クッキングノート (14)
  • レシピ集 (2)
  • パスタが大好き (4)
  • 無分類 (0)


  • LINKS
  • ころすけポーのHP
  • スローカーブをもう一球


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    白身魚の香味焼き
    samon.jpg

    ① 材料
     
    白身魚の切り身(タラなど)
    香味野菜イロイロ(パセリ、セロリ、三つ葉、バジル、玉ねぎ、ニンニクなど)

    熱した中華なべにオリーブオイルをひき、魚の切り身、香味野菜を入れて焼く。

    (この時、あまり中華なべをかき回すと魚の身がバラバラになってしまうので、蓋をして半分蒸し焼きにするような感じで焼くのがポイント)


    ② パン粉に味をつけたものを用意する。

    (材料)
    パン粉
    パセリのみじん切り
    粉チーズ
    塩少々
    ブラックペッパー少々
    これらをボールなどに入れてよくかき混ぜておく


    ③ ①で焼きあがった白身魚と香味野菜を耐熱皿に盛り付ける。
    その上にピザ用のチーズをばら撒き、さらにその上に、②で作ったパン粉を振り掛ける。

    (ちなみにこれは耐熱皿じゃなくて、アルミホイルで四角い器状のものを作った方が後片付けが簡単、我が家ではもっぱらアルミホイルでやってます)

    ④ ③をオーブンで軽く焼く。(オーブントースターでじゅうぶん)
    この時、魚や野菜にはもう火が通っているので、チーズが溶けてパン粉が小麦色に焼けたら   オーブンから出す。

    アルミの場合はお皿にそのまま載せて、出来上がり。




    この料理は香味野菜が魚の臭みを消してくれるので、ニジマスなどの川魚でも美味しくなります。
    また、僕はまだ食べたことないけど、最近お騒がせなブラックバスでも3枚に下ろして皮をむいてやれば、たぶん美味しく食べられるんじゃないかと思います。

    ちなみに僕はキャンプ場の焚き火でもこの料理を作ったことがあります。オーブンなんてないから、(最近ではキャンプ用のオーブンもコールマンから出ていますが、そんなものは持っていない)
    最後のオーブンで焼くところを、中華なべの蓋の上からアルミで密閉してその上に焚き火のオキ火をのっけて焼き上げました。
    料理なんて道具じゃなくて工夫次第で何とかなるみたいです。



    スポンサーサイト
    【2005/02/04 08:28】 レシピ集 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

    イクラの醤油漬け

    ご飯にたっぷりとイクラをのせて刻み海苔を振り掛ける。エイヤッと食べ始めると口の中でプリプリしたイクラがはじける。
    そのプチプチ感を味わいながら一気にご飯をかきこむ。

    うまい!

    いいなぁー、イクラ丼。

    同じ海産物もののどんぶりものとしては、ウニをあげる人も多いだろう。だけど僕はウニも好きだけどそんなにたくさん食べたいとは思わない。食べているとすぐにその味に飽きてしまうのだ。

    大量のイクラが入ったバスタブか大量のウニが敷き詰められたバスタブか、どちらかに飛び込まなければならないとしたら、僕は迷わずイクラの方を選ぶだろう。


    簡単イクラの醤油漬けの作り方

    ① 生スジコを、モチ焼き網の上で少しずつほぐしながらボールなどの容器にうける。
    お湯を流しながらゆっくりとアミの上でスジコをこすると、ぽろぽろとこぼれてくる、この時白い脂が浮くが、それをきれいに取り除いていきます。

    ② 密閉できる容器(タッパーなど)にほぐしたイクラを入れて、日本酒とメンつゆを約半分づつ、ひたひたになるまで入れる。

    ③ そのまま冷蔵庫に入れてしばし待つ。

    ④ 翌日くらいに味見をする
       a. しょっぱければ、日本酒を足す
       b. 逆に甘すぎると思ったら、メンつゆを追加する

    ⑤ お好みで、ワサビを少々入れて完成。
    【2005/01/19 15:14】 レシピ集 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。