ころすけポーのクッキング・ノート


PROFILE
ころすけポー
  • Author:ころすけポー
  • 僕(ころすけポー)は料理を作ることが好きだったりします。

    最近はあまり作る機会は与えられていないけれど、中華なべをふるったりして料理を作ることは楽しいし、とってもクリエィティブな行為だと思うのです。
    そんな楽しいことを女の人だけにさせているなんてもったいない…とさえ思います。

  • RSS


  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    RECENT ENTRIES
  • バジリコ好き(11/22)
  • 白身魚の香味焼き (02/04)
  • カツカレーとビール(01/26)
  • ラーメン大好き、コイケさん(01/23)
  • イクラの醤油漬け (01/19)


  • RECENT COMMENTS
  • みんなのプロフィール
    (11/23)
  • mai(01/12)
  • 次郎三郎(12/29)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年02月 (1)
  • 2005年01月 (9)
  • 2004年12月 (9)
  • 2004年08月 (1)


  • CATEGORY
  • はじめに (1)
  • クッキングノート (14)
  • レシピ集 (2)
  • パスタが大好き (4)
  • 無分類 (0)


  • LINKS
  • ころすけポーのHP
  • スローカーブをもう一球


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    男の料理
    男の料理と言うと、たまの休みにお父さんが値段の張るいい素材を使って、台所をしっちゃかめっちゃかにした後に、時間だけかかったあげく、何だかわからない凝った料理が出てくる
    (しかもあまり美味くない…値段の高い食材をそのまま食べた方がはるかに美味いような…)
    というイメージがわいてきます。

    たとえば高級肉だったら、そのまま焼いて食えばいいものをわざわざ時間をかけて料理して凝ったソースを加えて、かえって不味くしてしまう。というような感じなのです。

    しかも、台所は汚し放題で片付けるのは呆れ顔のお母さんと決まっていて、お父さんだけの自己満足料理と言う感じが『男の料理』という言葉に込められているような気さえしてきます。

    だけど、僕ぐらいの料理の鉄人になると、料理を作りながら使ったなべを洗ったり、時間配分まで気を配るので、その料理が完成するころにはあらかたフライパンや鍋は洗い終わっているし生ごみも処理してしまって、流しの掃除も終わっているような…料理を作ることができます。

    (えへん、えへん)

    でも、こうなるまでは失敗の数々もあったりして…料理なんかは経験なんだなぁーどんな人でも場数を踏んでいれば上手くなるものなのです。
    味付けに失敗しても何回も同じ料理を作っているうちにそれなりに上手になっていくし・・・



    スポンサーサイト
    【2005/01/01 18:27】 はじめに | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。